頭痛について

私は昔は頭痛なんて滅多になったことがありませんでした。 しかし、子供を2人出産した辺りから、疲れた日などに頭が痛くなる事が増えていったのですが、 それでもしばらくしたら治ったり、寝てしまえば治っていたのです。

それが、徐々に寝てもその日には治らなくなり、仕舞いには月に一度の頭痛で一度痛くなってしまうと2~3日は辛い状況になると言う様に、立派な偏頭痛持ちになってしまいました。

鎮痛剤も持ってはいますが、効果が高い分副作用も強いので、本当に我慢が出来ない時にしか飲みません。

どうしてこんな風に頭痛持ちになってしまったのだろう?気を使いすぎ?姿勢が悪い?夜更かし? 原因は色々とあると思いますが、調べていくうちにわかったことは、鉄不足と言う事です。

普通、病院での血液検査だとヘモグロビンの値だけで貧血かどうかの判断をしてしまうため、 私はこれには引っかからず、自分は貧血ではないと思い込んでいたのです。 しかし、潜在的な貧血かどうかを見極めるためにはヘモグロビンだけではなく、フェリチンと言う値を見なくてはいけません。 フェリチンの値を知るためには血液検査でその旨を伝えておかないと知ることが出来ないため、通常ではわかりにくいのです。

私の場合、二度の妊娠で胎児を育てるために自分の血液を沢山使ってしまったことが貧血気味になる原因だったのかもしれません。もともとヘモグロビンだけでは分かりにくい部分では貧血に近い状態だったのかも、と考えると合致がいきます。

そこで、鉄分を毎日のように多く取るようにした所、偏頭痛の頻度が劇的に改善されたのです。 やはり、この偏頭痛の原因は貧血によるものだったんだとわかり、良かったと思います。