ママ友大集合!

久しぶりに実家に帰ったとき、たまたま中学の時の友達に会いました。その子にも息子と同じ年の男の子がいて、すぐに連絡先を交換し、近いうちに会うことになりました。

会う前の日、その友達から連絡がきて「同じ中学だった子も来たいみたいで、呼んでもいいかな?」と言われたので、その子にも来てもらうことになりました。

来てもらうと、その子にも息子と同じ年の女の子がいました。全く知らない子ではなかったので、すぐに打ち解けていっぱい話しました。子ども達も、人見知りでおどおどしていましたが、少しずつ距離をつめて、一緒に遊んでいました。

次はもっと人数を増やそうということになり、友達の友達、誘える子はみんな誘ってみました。すると10組も集まり、子連れで大人数入るカフェを予約して、みんなで集まりました。

友達の友達なので、もちろん知らない人もいたのですが、みんな同じ年で、子どももみんな同じ年でした。すごいラッシュだったんだねーと盛り上がり、すごく楽しいママ友会でした。

でも、ママが10人、子どもも10人、合計20人もいると、すごくうるさいのと、飲み物をこぼしたりちらけたりするので、ぐっちゃぐちゃでした。お店方も心優しく、何も注意されなかったので、感謝の気持ちでいっぱいでした。

恋愛関係に発展

大手出会い系サイトYYCで知り合った、35歳の人妻のMさん。見た目はほぼ20代の半ば。初めてあった時は騙されてるのかな?と思うくらいの綺麗な方でした。会うまでにはメールでやり取りしていてたまたま住まいが隣町だったので、気軽に飲みに誘った所OKの返事でした。待ち合わせの場所にいたMさんに一目ぼれでした。自分の理想な顔だちにスタイルに声まで完璧に近い状態だったのでテンションがMAXでした。個室のある居酒屋に入り二人でぎこちない挨拶を交わしてたわいもない話をしていましたが、お酒も入るにつれ、お互いが気の合う事に気が付いたのです。そうなったら彼女は話上手で聞き役に徹していたのに、癒されている自分がそこにいました。自分の鬼嫁とはまるで違う性格に楽しそうな笑顔がさらに彼女に対する気持ちを確信していくのがわかりました。時間がたつにつれお互いの心の距離も近くなり、彼女から隣の席に来て、いきなりのキス。照れ笑いする彼女にもう自分の理性は無くなりました。出会い系で出会ったのでもちろん肉体関係だけとは思っていましたが、彼女にしたいと言う欲望が湧きたち。彼女の耳元で「ラブホいく?」と聞くと顔を赤らめながら彼女がうなづいてくれました。お互い酔っている事もあり、お互いの気持ちの高ぶりを抑えることができませんでした。お互いの欲望は尽きる事が無く結果ほとんど朝帰り状態の時間に。自分の気持ちは彼女にぞっこん。「気にいってくれた?」の質問の布団に隠れながら「うん」との返事。それから数年経ちますが今でも彼女との関係は続いています。

ゼファルリンの口コミブログを見て体験してみた

ゼファルリンなる精力とペニス増大に効果の高い
サプリを通販で買ってみました。友人に聞いたので
初めは薬局でも買えるのかな?って思ったけど
ネット限定のサプリメントでしたね。
ゼファルリンは中でもペニス増大に効果があって
シトルリンをはじめとするアルギニンやヴィトックス、トリプトファン
など勃起力と長さ、太さを期待できる人気商品です。
Continue reading →

映画「日本のいちばん長い日」を見た

なかなかでした。
事前に、鈴木貫太郎を扱ったNHKの番組を見ていたおかげで、すんなり入って行けた。
その鈴木貫太郎首相と、その彼を首相に任命した昭和天皇、そして首相より陸軍大臣に任命された阿南惟幾。

この3人を中心に物語は描かれます。
やがて、ポツダム宣言受諾、戦争終結に向けての閣議、駆け引きが繰り広げられます。
そして、ご聖断。

しかし、陸軍は本土決戦派と和平派に分裂。
決戦派の青年将校たちの暴走を止められるのか?緊迫する展開に引き付けられます。
ひょうひょうとしたおじいちゃんな鈴木首相、熱血漢で正義感も強い阿南陸相、対象的な2人の男の命を懸けた戦いに胸を打たれる。

演じた、山崎努、役所広司はもちろん良かった。
そして、何より昭和天皇の存在が大きい。
言葉の一言一言が胸に迫る。

演じた本木雅弘が素晴らしかった。
ただ、内閣にしても軍部にしても、誰が誰やらいまいち良く分からなかった。
この辺は、自分の勉強不足もあろうか。

それと、東條英機ってあんな人だったのか? 堤真一も初め誰?って感じで。
あのメンバに入ると、堤真一も下っ端な感じがなんだか可笑しかったです。
戦争終結の裏にはこれだけの出来事があり、これだけの人たちが奔走したのだ、ということがなるべく分かり易くドラマチックに描かれていて観易くなっていたのではと思います。

1967年版は観た事ないが、機会があれば観てみたくなった。

個性あふれるソラ

うちの家族はみんな猫好きで、昔からずっと猫を飼ってきました。
今も一匹飼っています。
名前はソラです。

ソラは代々飼ってきた猫たちとずいぶん性格が違って、とっても寂しがりやです。ソラの前に飼っていた猫たちは、いつもマイペースで寂しがりやという印象はありませんでした。でも今飼っている猫、ソラはいつも誰かのそばにぴったりくっついています。

1人で留守番しなければならないときはとっても寂しそうな目をするのでかわいそうになります。しかし寂しがりやのソラは怒りっぽい猫でもあります。これも今までの猫たちとは違うところです。

寂しいだろうと思って抱っこしようとすると「シャー!」と怒ります。人にぴったり寄り添うのは好きだけれど、抱っこされるのは嫌いなようです。猫なりにプライドがあるのでしょうか。

それからソラにはまだ個性的なところがあります。それは「なすびが怖い」ということです。ある日、買い物したばかりのなすびを台所の床に置いていました。

そしたらそのそばをたまたまソラが通りかかりました。そして床にあるなすびを、まるで何か恐ろしいものを見るような目で見て、おびえながらそのそばを通って行きました。なぜなすびが怖いのかまったくわかりませんが、これもソラ特有の性格だと思っています。これまで飼っていた猫たちとはずいぶん違って個性的ですが、家族全員、そんなソラのことが大好きです。

こちらも読まれています。
やりがいのある看護師の仕事。

遅刻厳禁

こないだ、久しぶりに寝坊をしてしまいました!
私、朝には結構強い方で、パッと目が覚めてスッと動けるタイプなのでちょっと余裕こきすぎてたんです。
まあ、なんとか仕事には間に合ったんですが、当然いつもより遅い電車に乗ったのでハラハラドキドキでした。
いい大人が寝坊で遅刻なんて、やっぱりものすごく恥ずかしいですからね…。

以前勤めていた会社で、社員旅行に遅刻した人がいて、何年たっても伝説の男と言われ社内で語り継がれていたので、寝坊や遅刻ってそれだけ印象に残るから怖いなあと思いますね。
私の友達にも一人、遅刻魔がいます。
必ず30分は遅刻してくるので、長年付き合ってる私は集合時間よりいつも遅めに到着するようにしてます。
でも、まれにぴったりの時間にその子が来てる時があるので、私が遅刻したみたいになったり。
遅刻魔って、自分の時間配分の計画が立てられないみたいですね。
普通は時間を逆算して予定を組むところが、どうも勘違いや寝坊によってズレてしまうそうです。

うーん、私も気をつけようと思います。

変わった苗字求む

世の中には変わった名前の人がいますよね。
私の名前も苗字こそそれほど変わっていませんが、下の名前はたぶん日本で数えるほどしかいない名前です。
自己紹介をしても、かならず二度は聞き返されます。
でも、そんな自分の名前がすごく気に入っています。

私の友達に、変わった苗字の人と結婚したいと言っている子がいます。
その子の苗字は「鈴木」。
うん、ごめん…至って普通。
自分の苗字が普通すぎるから、変わった苗字への憧れが強いんだそうです。
変わった苗字って結構周りに多かったりします。
私が今まで出会った人の中で変わってるなあと思った苗字ナンバーワンは「神休場」さん。
「かみやすんば」って読むんですよ。
いやいや、神が休む場所だなんてめちゃくちゃかっこいい苗字ですよね!
次は「一寸木」さん。
「ちょっき」って読むんです。
いやー、変わってますよね、というか多分一発で読める人少ないと思います。

変わった苗字と結婚したい友達は、イケメンで経済力がある人が好きなんだそう…。
変わった苗字でさらにそんなに条件つけたら、なかなか出会わないと思うんですけどね。

食事の思考

ファミレスやホテルでもリッチな朝食というのが、流行りモノみたいにモテているらしいです。
朝食抜きで午前中すごすという人もいるし、ごくか~るい朝食でいいでしょうという考えから、ちゃんと食べないと一日がんばれないという志向になってきたんですね。
身体の基本ですからこれはいい風潮でしょう、食以外のジャンル商品は増税以来横ばいくらいでもこういった面での経済効果になりますから。

電気製品とか衣類、通信費、レジャーとかはセーブしても自分の基本でもある身体は守ろうということですね。お酒などの嗜好品もそうでしょう。食に関してはそういうキッチリのことばかりでもない、こういうのは小ネタだなと思った立ち食いソバの読みモノがあった。

どうして立ち食いソバは、エビ天やかき揚げのせても500円のワンコインで食べられたりするんだというものでした。理由としてはソバの材料に安価で作りやすい小麦粉も使っているから、ソバ粉100%って作りにくくて材料費も高くなるからですね。それでも美味しいんだし、男性にとっては主食以外のおやつ感覚のモノ、ソバ粉100%は!

読んでおきたい記事
ムダ毛の自己処理はお肌を傷付けていた

明るい色の服を着よう

元気がない日、ヤル気が起きない日、飲み・食べ過ぎた次の日、なんだか鏡に映った自分がどんよりして見えませんか?ええ、実際に顏がむくんでどんよりしていることがほとんどなんですが、なんとか見た目だけでもマシにしたいですよね。

そんな時は、明るい色の服を着てみましょう。服の色なんかで…と思っていたら大間違いですよ、色が出してくれる効果は、時としてびっくりするほど絶大だったりするんです。先日、新しく買った真っ赤なカーディガンを会社に着て行きました。ちょっと派手かなあと思ったんですけど、繊細なレースもついていてかわいいし、割と自由な職場なのでいっかあって。で、会社のトイレで鏡を見てちょっと驚いたんです。「あれ?私顔色めっちゃいい!」て。

しかもなんだか顏が生き生きして見えるし、引き締まっても見える…。明るい色の服を着ると全然違うんだあって。それだけでなんだか嬉しくなって、一日自信を持って過ごすことができました。

男性の場合はシャツやネクタイでも同じ効果が期待できますね。営業マンなんかは取引相手によってネクタイやシャツを変えるなんて人もいるみたいです。派手な服装ができない女性は、ネックレスやピアスを暖色系にしてみましょう。それだけでも違いますよ。

薬剤師は薬を飲まない

日本の医療費は世界から見てもとても安く収まっていますが、私たちが払うのは安くても医療にかかる費用は破綻寸前だと言われています。

今問題とされているのは日本の多剤処方です。特に心療内科や精神科では簡単に数十種類の薬を処方される人も少なくないようです。

これは大問題ですよね。治療するはずが、人間破綻までおいられる恐れが大いにあるんです。それでなくても、普通の内科などでも簡単に薬を出しすぎです。

こんなに医療費にお金をかける必要はないと思うのですが、医師と製薬会社、厚生省などのからくりがあるようです。人の健康よりも経営・儲け主義。

何か出来ることは無いのでしょうか?やはり、私たち一人ひとりが賢くならなければなりません。先日興味深いタイトルの本を見かけました。その本によると、薬剤師は薬を飲まないそうです。

全く飲まないと言うわけではないと思いますが、薬剤師は薬の怖さを一番分かっているからではないでしょうか?

善意ある医師も、病気は病院では治せないとおっしゃっている方も最近では見かけるようになりました。外科的なものは仕方が無いとして、内科的な疾病は、原因があってのこと。体調を崩したときはまず、自分の生活で何かまずかったところが無かったのかを考えて生活を改善するだけで治癒してしまうことも珍しくありません。私たち本来持っている自然治癒力を信じたいですよね。

http://erawanofsiamwaltham.com/?p=21